他工法との比較

新技術:ME溶接継手工法

ME溶接継手工法
工程・工期 単体の施工時間が早い
先組・ユニット化に対応可能
D32+D32継手:200ヶ所/1日
品質 シールド性が高いため、屋外でも適用可能
出来形 鉄筋径とほぼ同等
現場条件 強風時(6m/sec.以上)に養生を要す。雨天時は原則中止
安全性 先祖・ユニット化により足場作業の軽減が可能
備考 シールドガスとして、炭酸ガスを使用しますが、アーク溶接の特性上(2000℃近い超高温)、溶接時には炭酸ガスは分解され、排出量はゼロに近くなります(鉄筋呼び名問わず)

従来技術:ガス圧接工法

ガス圧接工法
工程・工期 先組・ユニット化には不向き D32+D32継手:120ヶ所/1日
品質 実績
出来形 ふくらみの直径は、鉄筋の1.4倍以上
現場条件 風速4m/sec.以上で養生を要す。雨天時は原則中止
安全性 火炎使用による火災
備考 酸素・アセチレン混合ガスを使用し、1.08kg(D32+D32継手)の炭酸ガスを排出しているといわれています

従来技術:トーチシールド溶接法

トーチシールド溶接法
工程・工期 単体の施工時間が早い 先組・ユニット化に対応可能
品質 日本建築センターの評定取得しているが、屋外作業には不向き
出来形 裏当て鋼材の分太くなる
現場条件 風速2m/sec.以上で養生を要す。雨天時は原則中止
安全性 先組・ユニット化により足場作業の軽減が可能
備考 なし

詳しい比較表はこちら